クラウドファンディングを始める前に知っておきたい2つの大切なこと

こんにちは。
木村あつしです!

『クラウドファンディング』
だいぶこの言葉も認知されてきてますよね。
僕もテラコヤ伊勢型紙でお世話になりました。

ただそのクラウドファンディング、どうやって工夫したかみたいな話はネットでも上がってるんですけど、その始め方やその後については全然出てこない…
あんまり需要がないのかなと思ったんですけど、僕の場合、だいぶ悩んだ覚えがあるので、今後プロジェクトを立ち上げる人のためにまとめておきます。

002 001

やる前に2つの段階の判断が必要?

「いきなりクラウドファンディングするぞ〜」
というのはだいぶ危ないです。
まずそのプロジェクトがどのぐらいの資金を必要としているのか。
やるとしてもどの会社、プラットフォームでやるのか。
結構、始める前に考えることがたくさんあるので、考えないといけない順番でご紹介します。

そのプロジェクトは銀行融資?それともCF?

クラウドファンディングしたいと思うひとの中には主に2つの用途で使うひとがいます。

  • 何かをやるための資金が必要
  • プロモーションの1つとして活用

この2つになります。
今回は前者に関してですが、まず額によって違ってきます。
1億必要!となった場合、これはクラウドファンディングでは難しいです。
事業計画書を作って、銀行融資でいったほうがいいですよね。(西野さんみたいな芸能人は別ですけど)

でも1000万ぐらいであればまだなんとなくクラウドファンディングでもイメージは湧きますし、成功も可能かと思います。

必要な資金の規模が銀行融資なのか、それともクラウドファンディングで大丈夫なのか。
ちょっと考えてみてください!

どこのプラットフォーム使う?

クラウドファンディングで集められる額だ!ってなったら次はどこを使うか。
クラウドファンディングのプラットフォームもたくさんありますよね。

などなどがあります。
変わり種だと映画に強いMotionGalleyや学術系に強いacademiesなんかもあります。

こんなにあっても選ぶ方はめちゃくちゃ悩みます。
ということで僕が重視した判断基準を2つご紹介!

手数料はどこが安いのか?

これは結構重要です。
特に額が大きければ大きいほど重要です!

クラウドファンディングの手数料はプラットフォームによって違い、13〜25%とちょっと開きがあります。

その手数料の違いはなんなのか?
簡単にいうとサービスの違いです。

  • 公開前のサポートがどのぐらいあるのか
  • プロジェクト成功後の入金は迅速か

などがあるので、それはちょっと各サイトで見てみてください。

ちなみに僕は1番手数料が低いCAMPFIREにしました!
公式HPには8%と書いてありますが、決済手数料が5%かかるので、13%です!気をつけて!

知り合いがその会社にいるのか?

これはすごく重要です!
僕の場合は10月ごろにCAMPFIREの中でも地方のクラウドファンディングに力を入れているCAMPFIRE LOCALの荒井さんとの出会い、そして1月のかなさんとの出会いからCAMPFIRE一択でした!

かなさんはCAMPFIREの社員さんで、いつ仕事してるの?っていうぐらい日本全国を飛び回りながら、新しいプロジェクトを常に探している方です。
なんか今度は自身でおむすび屋さんをするみたいで…

荒井さんやかなさん、CAMPFIRE LOCALの詳細は下からどうぞ!

でも、なぜ重要なのか。
気兼ねなくたくさん相談できるからです。
業務時間外でも休みの日でも…(ごめんなさい、かなさんw)

あとはイベントを一緒にしてくれたり…
成功したときは一緒に喜んでくれたり…

CAMPFIREでというよりはかなさんと一緒にできてよかったですね!

まとめとして、クラウドファンディングを始める前の考えることとしてはこの2段階です。

  • クラウドファンディングで集められる額かどうか
  • どこのプラットフォームにするのか

そして、そのプラットフォームの判断基準が

  • 手数料、サービスの比較
  • 知り合いがいるのか

です。

クラウドファンディングやってる間ってだいぶ胃が痛くなるんですけど、やってよかったなって思います。
こんなに応援してくれる人がいるんだって思うと、モチベーションにもなりますしね。

クラウドファンディング考えてます〜って人がいればいつでもご相談にのりますので〜
各種SNSのメッセージまでどうぞ〜