クラウドファンディングで知ってたら違う!3つのプチ事前準備

こんにちは。
木村あつしです!

今日は事前準備後半戦です!
まだいろいろあるんですが、特に必要だな〜と思ったコツを列挙します。

今までのクラウドファンディングに関するブログはこちらにまとめてあります。

売り込めるFBグループを探す

自分のTwitterフォロワーが1000人以上とか、facebookの友人知人が1000人以上いるのであれば、あまり気にする必要はありません。
ただ、300人ぐらいしかいないとか、全然今までSNSを活用していない…
なんて人はちょっと大変です。
だって、
ネット上で伝えられる人が少ない=支援してくれる可能性がある友人知人が少ない
ということですからね。

それがどうなるかというと、この下の記事で紹介した1/3法則です。
その友人知人、全然知らない人への広がりが狭まるということです。

クラウドファンディング成功に必要な3つの徹底的な事前準備って?
こんにちは。 木村あつしです! クラウドファンディングはいかに徹底的に準備をするかで成功するかしないかが決まります。 力の入れ具合...

だたその友人知人をいきなりたくさん作るのは無理です!
そこで代わりとなるのが、facebookグループです。
facebookグループはたくさんあります。
伝統工芸好きだったり、アニメ好きだったり、猫好きだったり、柴犬好きだったり…

もう本当にいろんな種類のグループがあります。
その中から、自分のプロジェクトに興味を持ってくれそうな人が集まるグループを探してください。
僕の場合は「着物好き」が集まるグループを事前に探して入っていました。

毎日そのグループに投稿するのはちょっと嫌われてしまう可能性があるので、4、5日に1回ぐらいがいいですかね。
これで友人知人の数の部分は解決できます!

プレスリリースは早めに!

クラウドファンディングのプレスリリースは早めに作るに限ります!
でもそのプレスリリースをどこに持っていくか。
とりあえずは各市役所の記者クラブ、県庁の記者クラブです。
そこに持っていけば、新聞、テレビ、ラジオ、どこから取材してくれるはずです!

ここで僕の失敗談を…
そこにしか持って持って行かなかったんです…
なんでだろう…
その時の自分に飛び蹴りしたいです!

重要なのはweb系のメディアです。
やっぱりwebメディアとクラウドファンディングはすごく相性がいいんですよね。
テレビや新聞だと、いちいちネットで調べないといけません。
でもwebメディアであれば、そのままリンクに飛べますよね。

実はテラコヤ伊勢型紙のクラウドファンディングをやっているときにHEAPS Magazineにテラコヤ伊勢型紙のことを記事にしていただけたんです。

磯の香り漂う街に鳴り響く、はた織り機の音。まだ鼻たれ小僧のころ、筆者の地元(京丹後市)のいたるところで「ガッシ…

実はこの記事、プチバズってました…


facebookの投稿に381いいね、シェアが100もいってますよね…
ただこれ…
クラウドファンディング終了の1日前だったんです!!

早めにwebメディアにアピールしておけばよかった…
と、後悔しかないので皆さんは必ずプレスリリースを作ったら、webメディアにも出してください!
出すだけならタダなので!

振込専用の口座を作る

支援したい。
そうやって思ってくれる人はいろんな世代の人がいます。
ただ初めてクラウドファンディングで支援する人はどうやってやったらわからないですよね?
特に年配の方は難しいです。
登録がうまくできない人もいます。
でもそこまでやってくれたのに、支援できないってお互いに不利益ですよね。

そこで、用意するのがクラウドファンディングの専用口座!
そこに直接振り込んでもらうようにすれば、誰でもできますよね。

その資金はクラウドファンディングの方に入れて、達成率と集まってる感を出すのもいいです。
そのまま口座においといて、個別で管理してもいいです。
そこはお任せします!

さて、ここまで事前準備したらあとは公開するだけですね!
次からは公開後のことについて書きます!