クラウドファンディング

クラウドファンディングの目標金額を決めるたった2つの数式

こんにちは。
木村あつしです!

クラウドファンディングの準備前、そして準備編に入ってきて…

クラウドファンディングを始める前に知っておきたい2つの大切なこと

人を惹きつけるために押さえるべき3つのコツ

今回は本文とリターン設計に〜
と思ったのですが、その前に設定しておかないといけないことが…
そう!目標金額設定です!

002

今回は目標金額の設定方法についてです。
実は僕、ここで失敗しちゃってます。
その話は下の方で…

目標金額は数式に当てはめて決めろ!

このぐらいでいいんじゃない?
なんて甘い考えはやめてくださいねw

目標金額はクラウドファンディングの成功はもちろん、そのあとのプロジェクトが成功するかどうかがかかってきます。
クラウドファンディングが成功しても予想外の出費や手数料で資金が全然足りない!
プロジェクトもできない!
なんて話は支援者も聞きたくないですから…

003

まずはこの数式から目標金額(手数料別)を出してください。

原価率とはリターンにかかる平均原価率です。
僕の場合はとりあえず30%で考えましたが、ものによってはそれ以上以下になるものもあると思うので、それぞれで想定しているリターンの原価率でいいです。

次に目標金額(手数料別)から目標金額を出します。

004

手数料はそれぞれのプラットフォームで違いますよね?
その手数料を入れれば最終的に目指さないといけない目標金額が出てきます。

失敗談:手数料はちゃんと確認しろ!

実は僕はここで失敗しました…
CAMPFIREの公式HPでは

71384b7d2815b38f2b78cea81f6d93c1

ってあるんですよね…
この決済手数料を除くっていうのを見落としてましたよね…

8%で計算してしまっていたんです…
170万目標で手数料を引いて、経費(原価)を引いた100万ちょっとでそれを工事費に当てる予定でした。
しかしCAMPFIREの場合は手数料にこの決済手数料が5%入ってきて…
計13%が引かれます。
となると、170万目標では100万の工事費が出ないんです…
完全にしくりました!
みなさんのおかげで目標金額以上を集めることができたので最終的には良かったんですけどね…

目標金額が大きくなればなるほど手数料の1%ってとても大きいです。
そしてその1%が命取りになる可能性もあります。

目標金額は数式に当てはめてちゃんと、そして慎重に設定してくださいね!

では次回はやっと本文、リターン設計について書きます!

クラウドファンディング考えてます〜って人がいればいつでもご相談にのりますので〜
各種SNSのメッセージまでどうぞ〜