フリーランスいろは

僕が取材を受け続ける理由はこの2つのメリットがあるから!

こんにちは。
ハイブリッド職人、木村あつしです!

ありがたいことにテラコヤ伊勢型紙は開業前から、テレビ、新聞、雑誌、フリーペーパーなどたくさんのメディアに注目していただいてます。

今月、来月は全国版にも出させてもらえるので、今から楽しみにしています。
今回はその取材についてです。

前は取材がめんどくさかった

正直言います。
取材ってめんどくさいもの以外なにものでもありませんでした。
前は!

というのも、テラコヤ伊勢型紙の場合、お客さんへのアプローチはSNSを通して直接アピールできるんです。
テラコヤはfacebook、インスタで宣伝してます。
今のところ、その2つである程度集客できてしまってるんですよね。
それもうちが来てほしいドストライクの人たちが。

となると、メディアに出て集客する必要がありません。
メディア対応の時間があれば、別の仕事をしたいし、お昼寝したいし…
という感じでした。
前は!

初心に帰れる

今は全然違います!
どんなメディアでもバッチこいです!

前はメディアを受けるメリットって集客しかなかったんですが、今は他の部分でメリットを感じています。
1つ目が初心に帰れることです。

どうしても営業中はお客さんの相手をすることに注力してしまいます。
となると、たま〜になんのためにしてるんだっけ…
っていうことがあります。
目の前のことばかりに注力してしまうと、そうなりがちですよね。

でも取材で
「なんで作ったんですか?」とか
「3年後はなにを目指すんですか?」とか
を聞いてくれると、
「そういえばその途中のためのテラコヤ伊勢型紙だったな…」
って思い出せるんですよね。

その機会を定期的にいただけるのはありがたいです。

潜在的に思っていたものが明文化される

2つ目が思考の整理整頓です。

今度はこの方向で進んでいこうかな。
いや、こっちの準備もしないといけないし…
と、白子、テラコヤ伊勢型紙のことは常に頭のどこかで考えていたりします。

でもそれって特に書き留めていないので、なにを考えていたかはあまり覚えていなかったりします。
そんな時にふと取材が入り、話していると自然と言葉に出てるんですよね。

「そういえばこんなこと考えてたな…」
「そうだ!こっちだった!」

みたいな感じですよね。

そうすると自然と自分の行動がその方向に進んでいきます。
言葉にすると行動に移ってきますよ!

取材されるってあまりないかもしれませんが、結構メリットがあります!
なのでぜひ取材依頼がきたら受けてみてくださいなっ!
自分の新たな一面がみれますよ〜