ライフハック

逃げ続けたら、オンリーワンになっていた。勝てる土俵を探せ!

こんにちは。
ハイブリッド職人、木村あつしです!

実は僕、人生のいろんな場面で逃げて逃げて逃げてきた人間です。
だけど、いつの間にかナンバーワン
、オンリーワンにいました…
というお話です。

たくさん逃げてきた人生

僕って負けず嫌いなんですよね。
常に1番でいたい人間です。

例えば中学校のときにやっていた陸上。

13413584 915864791893747 6595889091178198894 n

(黒いユニフォームのタスキを渡している方です)

800mを専門としていて、鈴鹿市では1番をとっていました。
でもあるとき、市が統合されて、別の中学の陸上部も試合に出てくるようになったんです。
そうすると1番になれなくなっちゃったんですよね。

まずここで逃げました。
1番になれないのであれば意味がない。
そんな想いで、逃げた場所は勉強。

入試もうまくいって、高校は県で1、2を争う進学校へ…
しかし、ここでも勝てませんでした。
当たり前です。
東大、京大にいく天才には敵いっこありません。
次は…生徒会執行部という学校行事を行う組織で頑張りました。

そして最近だと社会人から逃げました。
どうしても組織で働くというのが合わなかったんですよね。
そして行き着いた先が白子、伊勢型紙、テラコヤ伊勢型紙でした。

逃げ続けたらここにいた

ここまでずっと逃げ続けてきたんですよね。

陸上から逃げ、勉強から逃げ、社会人から逃げ…
そしていつのまにかここにいました。

逃げ続けた理由は
「1番になりたい!」
その想いが強かったと思います。
1番になれそうな土俵を探しに行ったんですよね。
その結果が今です。

自分が勝てる土俵を探す

その当時はすごく悔しかったと思います。
でも今思うと、逃げてよかったなという思いの方が強いですね。

逃げて逃げて、自分の勝てる土俵を探す。
その結果がテラコヤ伊勢型紙です。

なんか逃げるのって恥とか無責任とかありますけど、逃げていいんですよ。
自分の才能や能力を発揮できるのはそこじゃないってだけです。
そこに時間を使わなくていいです。

逃げましょっ!